貴婦人の薔薇 ☆☆☆☆

(貴婦人の薔薇 / デイヴィッド&リー・エディングズ / ハヤカワ文庫FT 2005)

「運命の姉妹」に続く『女魔術師ポルガラ』三部作の第2作です。

邪神トラクの手下、グロリムのクトゥーチクが、アレンディアに戦乱を引き起こそうとしているという情報を得たポルガラはアレンディアへ向かい、北部のボー・ワキューンとボー・アスターでマーゴ人の陰謀を失敗に終わらせます(ここまでが前巻)。その後、南部アレンディアの中心地ボー・ミンブルを目指すポルガラは、父ベルガラスの助言でボー・マンドールのマンドリン男爵と養子縁組を結びます(要はポルガラに爵位を与えて、発言に公的な権威を持たせるための政略結婚のようなものです)。ボー・ミンブルを統率するコロリン公爵のもとには、南に隣接するトルネドラの皇帝の特使なる人物が訪れており、トルネドラ軍団の協力で北部のボー・ワキューン、ボー・アスターを攻め落とし、アレンディアを統一するという計画が持ち込まれていました。しかし、トルネドラ国境の森林地帯を偵察したポルガラは、特使が言っているトルネドラ軍団が実在しないとこを突き止め、コロリン公爵をトルネドラ皇帝ラン・ヴォードゥに引き合わせて、皇帝がそのような特使を送っていないことを証明します。こうして、アレンディアを戦乱で荒廃させ、橋頭保を築こうとしたクトゥーチクの計略は瓦解し、以降、アレンディアの三大公爵は、年に1回集まって会議を行い(アレンディア会議と名付けられます)、アレンディアの民伝統の戦いではなく、話し合いで対立や問題点を解決するようになります。
クトゥーチクの暗躍は今後も続くと考えたポルガラはアレンディアにとどまる決意を固め、ボー・ワキューンに私邸を持つことにします。屋敷を改修する際、有能な大工の棟梁キレーンと知り合ったポルガラは、キレーンの人柄と能力(ちょっと粗暴なダーニクというイメージでしょうか)を気に入り、キレーン一族の有能な職人集団もろとも、屋敷に住みこませて維持管理を任せることになります。翌年、ボー・アスターの摂政、老マンガラン伯爵が亡くなり、ボー・アスターは無能な前公爵の息子ネラシンが統治することとなります。ネラシンの策謀で友人たちを殺されたポルガラは復讐を誓いますが、ポレドラに諭されて、そのようなことをする気が二度と起きないようネラシンを痛い目に遭わせ、脅し、いたぶることで我慢(笑)します。同じ年、アレンディア会議の決議により、ポルガラはエラト女公爵の地位と、アレンディア北方の旧センダリアの半分にあたる広大な土地をエラト公国として与えられます。キレーンとともに新領地を視察したポルガラは、農奴を酷使することで成り立っている封建制度の改革に着手し、後のファルドー農園(ガリオンが育った地)にほど近い地に閑静な荘園屋敷を作り上げます。こうしてエラト女公爵はエラトの都とボー・ワキューンの私邸を行き来しながらアレンディアを見守り、軽薄なお飾りとしか思われていない貴族の娘たちの中からアスラナのような有能な人物を見つけ出しては、密かに教育を施していきます。農奴解放によりエラト公国はアレンディアで最も豊かな土地となり、他の公爵たちもエラト公国を見習うようになっていきます。
やがて、アレンディア人にとっては生来の本能とも言える「戦いを求める欲求」を満たすため、定期的に馬上槍試合が開催されるようになりますが、勝者に与えられるのは"地上最強の騎士"の称号と、エラト女公爵の守護者の地位でした。ある年の槍試合の決勝は、親友同士――野性的な武闘派のラザン男爵とハンサムな知性派のオントローズ伯爵の対決となります。激闘の末、オントローズが勝利し、エラト女公爵ポルガラの騎士として仕えることとなります。ポルガラは年甲斐もなく(笑)オントローズの容姿と知性、立居振舞いに惹かれ、複雑な男女の駆け引きの末、ついに二人は年の差を越えて(笑)結ばれるのですが――。
数年後、何か月も姿を消していたラザン男爵が凶報をもたらします。アスターのガーテオン公爵がエラト公国を攻撃しようとしており、すでに強力な船隊がエラト北西の町セリネを目指して北上中だといいます。ポルガラはエラトに取って返し、オントローズと老練なハルブレン将軍に命じて迎撃態勢をとらせますが、鷹に変身して敵船団の位置を確認しに行ったポルガラは、船団がまったく異なる動きをしていることに気付き、驚きます。実は、ラザンが裏切り、偽の情報を流していたのです(ラザンはポルガラの騎士になることを熱望していたのですが夢かなわず、自分のものにならないならばこの世から消し去ってしまえ、というストーカー独特の心理に陥っていました)。ベルガラスに応援を求めたポルガラは、ゲリラ戦を駆使して公国を守り抜きますが、オントローズの戦死という代償を払うことになってしまいます。
心の傷を癒すため、故郷の"谷"に戻った(というか、強制的に戻らされた)ポルガラですが、母の小屋に閉じこもったふりをして、エラト公国やアレンディアへ(文字通り(^^;)舞い戻り、ガーテオンや生き残りのアスター軍を始末します。その後、ポルガラはエラト公国を手放し、センダリア王国が誕生します。
しばし平穏な日々が続きましたが、ベルガラスから、ニーサの蛇神の女王サルミスラが放った暗殺団がリヴァ王の血筋を根絶やしにしようとしていることを知らされたポルガラは、父とともに『風の島』に急行し、ただひとり殺戮を生き延びた末王子ゲランを救出して身を隠します。以降、リヴァ王の血筋を絶やさないことがポルガラの絶対の使命となります。「ポルおばさん」としていつの世も目を光らせ、ゲランの子孫たちには庶民的な職に就かせ、結婚相手にも気を配り、わずかでも危険を察知すれば直ちに姿を消します。それでも、グロリムのチャンダーが執念深く追いすがり、家族は何度も暗殺の危機にさらされ、家財の一切を捨てて着の身着のままで生きながらえることもありました。

最終巻「純白の梟」へ続きます。

オススメ度:☆☆☆☆


貴婦人の薔薇―女魔術師ポルガラ〈2〉 (ハヤカワ文庫FT) - エディングス,デイヴィッド, エディングス,リー, Eddings,David, Eddings,Leigh, 晶子, 宇佐川
貴婦人の薔薇―女魔術師ポルガラ〈2〉 (ハヤカワ文庫FT) - エディングス,デイヴィッド, エディングス,リー, Eddings,David, Eddings,Leigh, 晶子, 宇佐川

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント