黒い虹 ☆☆☆

(黒い虹 / 江戸川 乱歩ほか / 春陽文庫 1993)

春陽文庫版『合作探偵小説』シリーズ(全6冊)の第4巻です。第2巻「江川蘭子」と第6巻「女妖」は過去に読んでいますし、残りの3冊も購入済みですので、そのうち登場。内外のリレー方式で書かれたミステリ作品については、上記の記事をご覧ください。

本作は、戦前の昭和9年に雑誌「婦人公論」(現在も続いている息の長い雑誌ですね)に連載されたもので、執筆者は順に江戸川乱歩、水谷 準、大下 宇陀児、森下 雨村、海野 十三、甲賀 三郎という、いずれも当時の一線級の探偵小説作家です。エロチックな描写が検閲されて「×××」と伏字になっているのも、時代を感じさせます。「江川蘭子」や「女妖」は本格ミステリでなく通俗サスペンスだったため、ストーリーに大きな破綻もなくまとまっていたのですが、本作はフーダニット(犯人捜し)とホワイダニット(動機捜し)の謎解きミステリだったため、最終回(解決篇)担当の甲賀さんが作中で「みんな好き勝手に書きやがって、納得のいく謎解きをしなきゃならないこっちの苦労も考えろ」という内容のツッコミを入れています(笑)。

合作の一(江戸川 乱歩):仕事でたびたび家を空ける夫との間に隙間風が吹きつつある河合涼子は、鎌倉の自宅で幼い一人息子と留守を守っていましたが、息子が行方不明になり、誘拐犯から手紙が届きます。深夜、指定された住宅へ赴いた涼子を待っていたのは、道化師の変装をした人物でした。相手の素顔を見た涼子は驚愕しますが、翌朝、惨殺されている涼子と息子の遺体が発見されます。涼子は、2匹の絡まり合う蛇にルビーをあしらった奇妙な指輪を薬指にはめていましたが、指が切り落とされ、指輪ごと消えていました。

合作の二(水谷 準):涼子の告別式が行われた教会で、祭壇に置かれていた涼子の遺影写真が別人のものにすり替えられるという事件が起こります。涼子の遺影の代わりに置かれていたのは、式にも参列していた、涼子の女学校時代の同級生、京極りん子の写真でした。涼子の夫の河合亰一郎や牧師もあわてますが、犯人はわかりません。その年のクリスマス・イブに都内で開催された仮想パーティで、京極りん子が殺されます。りん子はダンスの最中に注射器で心臓を一突きにされ、倒れたあと、涼子と同じ蛇とルビーの指輪をはめた薬指が切断されて持ち去られていました。警察は、りん子のパートナーだった骸骨の扮装をした男を殺害犯と睨みますが、なんとその男は河合京一郎でした。

合作の三(大下 宇陀児):女学校の教師をしている秋元千加子は、死んだ涼子やりん子の同級生でした。千加子のもとへ突然、浮浪者のような姿となった京一郎が訪ねてきて、自分は犯人ではないと訴え、消えた指輪について教えてほしいと頼みます。たしかに、例の指輪は女学校の仲良し5人グループでこしらえたものでしたが、そのことを話す前に、京一郎は消えてしまいます。そして下宿へ帰った千加子は毒入りの洋菓子を食べて苦しんだ後、切り刻まれて殺され、部屋に保管してあった指輪も消え去っていました。

合作の四(森下 雨村):同級生の一人、矢吹財閥の一人娘・矢吹加世子のもとに「お前が五人目の犠牲者だ」という脅迫状が届きます。警視庁の田代刑事は、ベテランの元刑事・野口のアドバイスで、行方不明になっている指輪グループの一人・花籠マキ子が既に殺されているかもしれないと悟り、慄然とします。帰り道、怪しい人影を見かけた田代が踏み込んだ家の中では、首を刺された花籠マキ子が瀕死の状態で倒れており、現場に残された遺留品は河合京一郎のものでした。

合作の五(海野 十三):なんとか命は取り留め、入院しているマキ子を見舞いに訪れたのは、矢吹加世子でした。次に襲われるのは自分だと不安を訴える加世子に、マキ子は、自分はもう長くないと語り、自分用の避難場所として用意しておいた銀座の雑居ビルの一室に隠れるよう勧めます。知らせを受けた田代刑事ら警官隊も、警備に就くのでした。そこへ河合京一郎が現れ、アドバルーンにつかまって加世子の部屋を目指すかに見えました。あわてて加世子の部屋へ駆けつけた田代は、内側から鍵がかけられた密室内で、加世子が死んでいるのを発見します。

合作の六(甲賀 三郎):これまでの5人が好き勝手に書いたストーリーにぶつくさ言いながら(笑)、それぞれの殺人の謎を解いていきます。それまでの作者たちが何の気なしに書いた些細な描写なども活用しつつ、意外な犯人と動機が明かされますが、かなり強引にこじつけたり、無理やり辻褄を合わせたり、相当に無理をしていることは否めず、まとめ役の苦労が感じられます(^^;

オススメ度:☆☆☆


黒い虹 (春陽文庫―合作探偵小説シリーズ) - 江戸川 乱歩, 水谷 準, 大下 宇陀児, 森下 雨村, 海野 十三, 甲賀 三郎
黒い虹 (春陽文庫―合作探偵小説シリーズ) - 江戸川 乱歩, 水谷 準, 大下 宇陀児, 森下 雨村, 海野 十三, 甲賀 三郎

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント