王座の血脈 ☆☆☆☆

(王座の血脈 / デイヴィッド&リー・エディングズ / ハヤカワ文庫FT 2005)

『魔術師ベルガラス』の第3分冊(最終巻)です。
5000年に及ぶベルガラスの物語はいよいよ佳境に入り、邪神トラクと対決する“神をほふる者”の誕生も数世代先に迫ってきています。
前巻「魔術師の娘」で、トラクに仕えるグロリム僧の陰謀で根絶やしにされかけたリヴァの王族唯一の王子ゲランを救ったベルガラスとポルガラは、以降、その血筋の存在を隠してアローンの諸王国各地を放浪し、様々な庶民的な職業に身をやつさせて、いずれベルガリオンを生み出すことになるリヴァ王の血筋を守り抜こうとします。特にポルガラは、つきっきりでそれぞれの子孫を見守っていました。
『ムリンの書』の謎めいた記述から、“アルダーの珠”を奪還しようとするトラクの侵攻が迫っていることを察知したベルガラスは、予言に従って風の島へ赴きます。予言によれば、今回の攻撃でトラクと対決するのはリヴァ王の後継者ではなく、リヴァ王の守護者たるブランドだということでした。それを聞かされたブランドは動揺しますが、一方、カル=トラクと名乗って大軍を率いて攻め寄せたトラクは、予想に反してドラスニアを滅亡させ、その場にとどまっていました。ベルガラスにもトラクの次の行動は予想できません。しかし、アンガラクを偵察していたベルディンから報せが入り、トラク軍の布陣と目論見が明らかになります。ドラスニアのトラク軍は南のアルガリアを目指して進軍を開始する一方、同じ規模の軍勢が軍船に乗って待機しており、機を見て南東からクトル・マーゴスへの上陸を意図しているようでした。つまり、トラクは南北から大軍で西方諸国を挟み撃ちにしようとしていたのです。
トラク軍はアルガリア南部の砦に迫り、ベルガラスはブランドと“珠”を取りに風の島へ向かいますが、“珠”が剣ではなくブランドの持つ盾に密着していることを知って驚きます。その状況をもたらしたのは、白く光る幻のような女だというのですが――。いずれにせよ、予言語られるトラクと“アルダーの珠”にまつわる重要な出来事がアレンディアのボー・ミンブルで起きることを知ったベルガラスは、諸王国の軍勢を編成し直し、ボー・ミンブルでトラクを迎え撃つ体制を整えるという困難な作業に着手します。古来より、西方諸国の王や民族は、領土や資源を巡って対立を内包し、小競り合いを繰り返してきました。それらの王族や統治者を説得し、場合によっては魔法を使って強引に和平を結ばせ、ベルガラスは次々と将来に向けて布石を打っていきます。幸い、南方から侵攻してくるはずのトラク軍は、ベルディンの報告によれば、グロリムとマーゴ人の内部対立によって自滅していました。
こうして、「ベルガリアード物語」でも言及されていたボー・ミンブルの戦いが勃発するわけですが、トラク軍を最前線で指揮するゼダーは打ち破られ、トラク自身もブランドに倒され、マロリーへ敗走して眠りに就きます。

その後もリヴァ王の血筋を守り続けるベルガラスとポルガラですが、ベルガラスは、センダリア各地に出没する狡猾なグロリム僧チャンダー(クトゥーチクの配下)の影に翻弄されていました。血筋を継ぐゲレインがチャンダーの影響を受けて熱心な熊神教徒になるという事態が発生しますが、ポルガラの介入によってチャンダーの目論見は瓦解します。ついに、“神をほふる者”の誕生が迫り、「ベルガリアード物語」に登場する“旅の仲間たち”――アンヘグやシルクも舞台へ登場してきます。そんな中、チャンダーの陰謀によって赤ん坊だったガリオンの両親が殺され、ガリオン自身は駆けつけたポルガラとベルガラスによって危うく救われます。その後、ガリオンはファルドー農園で何も知らずに成長することになります。

同じ歴史の流れをポルガラの視点から語る『女魔術師ポルガラ』も3分冊で出ています。いずれ登場。

オススメ度:☆☆☆☆


王座の血脈 魔術師ベルガラス (3) (ハヤカワ文庫FT)
王座の血脈 魔術師ベルガラス (3) (ハヤカワ文庫FT)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント