庭師 ☆☆☆

(庭師 / 高瀬 美恵 / 祥伝社文庫 2002)

「アルーマ」「スウィート・ブラッド」に続く、作者の本格ホラー第3作です。タイトルの「庭師」には「ブラック・ガーデナー」というルビが振られてます(「邪悪な庭師」という意味でしょうか)。

三十路に近い売れないフリーライター、寺内さやかは、先輩作家の気まぐれで一方的に仕事を切られ、結婚を考えていた恋人とも別れてしまいます。どん底に落ちてしまったさやかですが、心機一転、一からやり直すべく自分の城として新築のマンション「エクセシオ三山」の303号室を購入します(母からの資金援助+月10万のローン)。
えり好みせず精力的に仕事をさやかですが、ふと気づくと、10室あるマンションの他の住人は、一癖も二癖もある人間ばかりでした。さやかは、1階の入り口で起きた異臭騒ぎをきっかけに、住人たち(の一部)と知り合います。
さやかとほぼ同い年の204号室の吉村はゴシップ好きで図々しいおしゃべり主婦、最上階に住む林原夫人は、家柄と美貌を鼻にかけて他の住人を見下している女ボスタイプで、一人娘の幼稚園児・亜由は陰湿な悪戯の常習犯ですが、当然ながらそのことを林原夫人は気付いていません。402号室の老嬢・野末は、溺愛しているペットのダックスフントをいじめる亜由を快く思っていないばかりか、深い恨みを持っているようです。302号室の尾島母子(といっても中年男とその老母)は、なかなか部屋から出ようとしませんが、後に被害妄想に凝り固まったサイコパスだと判明します。301号室で父と同居する河上青年は、真っ当そうに見えて、実はそうではないことが、これも後でわかりまっす。、201号室は、血縁関係はない(らしい)3人の老人が同居しており、他に203号室の沢田夫婦、401号室の千葉一家(夫婦と高校生の息子)は、話が通じそうなまともな人々のようでした。
異臭の原因は、欠席裁判で、野末が犬のそそうをごまかすために消臭剤を撒いたのだという結論に落ち着きますが、数日後、彼女の可愛がっていたダックスフントがゴミ集積所でバラバラ死体になっているのが発見されます。犯人はわかりませんでしたが、半狂乱になった野末は林原亜由を襲撃し、マンションは緊張感に包まれます。その数日後、深夜に帰宅したさやかは、3階の非常口のドアが開けっぱなしになっていることに気付き、閉めますが、それが302号の尾島の逆鱗に触れます。昔、詐欺師にだまされて大損した尾島は被害妄想に陥っており、自分の行動を邪魔したさやかに怒りの切っ先を向けてきたのです。駆けつけた警官の介入で事なきを得ますが、さやかは自宅でも安心して過ごせない状況に追い込まれてしまいました(室内でも、水もやらないのに観葉植物が生き生きしていたり、虫の死骸がまとまって転がっていたり、奇妙な出来事が続いています)。翌日、駅へ向かう途上で一緒になった河上青年は、上記のような尾島一家の事情を話した後、野末のペットを"始末"したのは自分だと平然と告白します。そして、さやかは河上の口の中に目玉のようなものが光っているのを目にするのでした。
数日後、さやかは"まともな住人"の代表格である高校生の千葉と沢田夫人の訪問を受けます。ノートパソコンを持ち込んだ千葉は、「ブラック・ガーデン」ウェブサイトを見せますが、そこは「庭師」というハンドルネームの管理人による庭の手入れ日記という体裁のサイトですが、その「庭」とは「エクセシオ三山」のことであり、登場する植物はすべて実在の住人たちであることは、読めば明らかでした。そこには、マンションで起きた最近の出来事が赤裸々に綴られており(さやかたちが知らない、住人たちのプライベートな秘密まで暴かれています)、「庭師」がマンションの住民たちを綿密に観察していることは間違いありません。事情を知った3人は、「庭師」の正体を探ろうとしますが、それを待たず、マンションは悪夢のような様相を呈してきます。
きっかけは、林原亜由が非常階段から転落死したことでした。林原夫人は、野末が亜由を突き落としたのだと思い込み、野末を刺し殺してしまいます。そして、たがが外れたかのように、住人たちの間で暴力と殺戮の饗宴が繰り広げられます。殺人鬼となってしまった住人の手を逃れて、なんとか脱出しようと試みるさやかや千葉少年ですが、1階の「開かずの間」で、さやかはついに「庭師」のおぞましい正体を知ることとなります。
人間の悪意とスーパーナチュラルな要素が上手に溶け合って、実におぞましい(←ホメ言葉です)ホラーに仕上がっています(結末では、ちゃんと救いもあります)。

オススメ度:☆☆☆


庭師(ブラック・ガーデナー) (祥伝社文庫)
庭師(ブラック・ガーデナー) (祥伝社文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント