テーマ:ガイドブック・日本

乳房美術館 ☆☆

(乳房美術館 / 銀 四郎:編 / 京都書院アーツコレクション 京都書院) かつて「乳房全書」やら「乳房論」やら、対象を「乳房」に絞った本をいくつか読んできました。前者はサブカルチャー視点から「乳房」に関するマニアックかつフェティッシュな知識・情報を集めた百科全書的な本、後者はアカデミックな視点で「乳房」を人類学・比較文化学・宗教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリ百科事典 ☆☆☆☆

(ミステリ百科事典 / 間 羊太郎 / 文春文庫 2005) 以前に紹介した現代教養文庫版「ミステリ百科事典」の完全版です。教養文庫版は、掲載誌を移動した後に連載された「ミステリ・ジョッキー」の大部分が割愛されていました。今回は、「ミステリ・ジョッキー」をすべて収録したばかりか、「ミステリ・ジョッキー」に続いて別雑誌に連載されたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SFロボット学入門 ☆☆☆

(SFロボット学入門 / 石原 藤夫 / ハヤカワ文庫JA 1981) 工学博士号を持ち、堀晃さんと並ぶ昭和ハードSFの第一人者、石原さんの労作です。文庫版の出版は1981年ですが、ハードカバーが出たのは、さらに10年前の1971年(大阪万博の翌年)です。 神話やゴシック小説の時代の機械人間、人造人間から説き起こし、自動人形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推理小説展望 ☆☆☆☆

(推理小説展望 / 中島 河太郎 / 双葉文庫 1995) 先日の「名探偵WHO’S WHO」の記事でも書きましたが、「世界の名探偵50人」をバイブルに本格的にミステリの世界に足を踏み入れたのは、中学1年の春でした。当時、ハヤカワ・ミステリ文庫はまだ創刊されていなかったため、海外作品は創元推理文庫、国内作品は角川文庫を中心に読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名探偵 WHO'S WHO ☆☆☆☆

(名探偵 WHO'S WHO / 日影 丈吉 / 中公文庫 1984) マニアックな(笑)ミステリ、怪奇幻想作家として知られる日影さんが、世界の名探偵50人を作家や代表作と共にマニアックに紹介したもの。自分は小学5年生の時に出会った藤原宰太郎さんの「世界の名探偵50人」をバイブルとしてミステリの世界に足を踏み入れたわけですが、当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢探偵 ☆☆☆

(夢探偵 / 石川 喬司 / 講談社文庫 1981) 副題が「SF&ミステリー百科」となっていますが、1975~6年に、雑誌「平凡パンチ」に連載された、ミステリとSFを紹介するコラムをまとめたもの。著者の石川喬司さんは、昭和後期を中心に活躍したSF作家・評論家、競馬評論家として知られています(平成に入ってからは、あまり名前を聞きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冒険・スパイ小説ハンドブック ☆☆☆

(冒険・スパイ小説ハンドブック / 早川書房編集部:編 / ハヤカワ文庫NV 1992) ハヤカワ文庫からは、海外の翻訳作品を対象としたジャンル別のガイドブック「SFガイドブック」や「ミステリ・ガイドブック」などを出していますが、この「冒険・スパイ小説ガイドブック」も、その一環です。 本書は、「ミステリマガジン」1992年5月号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グイン・サーガ・ハンドブック3 ☆☆☆

(グイン・サーガ・ハンドブック3 / 栗本 薫:監修 早川書房編集部:編 / ハヤカワ文庫JA 2005) 『グイン・サーガ』第100巻と同時発売された、「ハンドブック」第3弾です。第1巻が1990年、第2巻が1999年の発売ですから、6年ぶりの発売ということになります。ちなみに「Final」も2010年に出ています。 今回は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリ百科事典 ☆☆☆☆

(ミステリ百科事典 / 間 羊太郎 / 現代教養文庫 1983) この手のタイトルの書籍は何冊も出ていると思いますが、本書はその中でも古典でマニアックな部類に属するもの。実は後半部がかなり割愛されていて、雑誌に掲載された(もともと連載していた旧「宝石」誌の廃刊に伴い、掲載誌やタイトルを変えて続いていたわけです)すべてを収録した完全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠の伝奇小説BEST1000 ☆☆☆

(永遠の伝奇小説BEST1000 / 東 雅夫:企画監修 / 学研M文庫 2002) 『伝奇ノ匣』シリーズの番外編。古今東西、国内・海外も含めての伝奇小説の名作傑作を、ジャンル別に750編(15ジャンル×各50編)、作家別に250編(25人×各10編)、それぞれのジャンルや作家に造詣が深い作家・評論家・翻訳家といった人々が厳選して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京創元社文庫解説総目録 ☆☆☆☆

(東京創元社文庫解説総目録 / 高橋 良平+東京創元社編集部:編 / 東京創元社 2010) 創元推理文庫の創刊50周年を記念して刊行されたものです。本体の「文庫総目録」と「資料編」の2分冊からなり(ケースはひとつです)、総ページ数は1500を越えます。1959年4月の文庫創刊から2010年3月までに刊行された文庫すべてが、通常の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミステリーファンのための古書店ガイド ☆☆☆☆

(ミステリーファンのための古書店ガイド / 野村 宏平 / 光文社文庫 2005) 著者は、ミステリ・特撮研究家で、30年来のミステリ収集家なのだそうです。新刊書店では見つからない絶版ミステリを探し回るうちに、全国の古書店を回るようになってしまったとのこと。で、古書収集家という人種は、お気に入りの古書店を他人に知らせたがらない(そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホラー・ガイドブック ☆☆☆☆

(ホラー・ガイドブック / 尾之上 浩司:編 / 角川ホラー文庫 2003) 角川にはかなり恨みもあるのですが(笑)、角川ホラー文庫を創刊して維持し続けていることだけは高く評価しています。昔の“カドカワFシリーズ”では続々訳出されていた海外ファンタジーのシリーズをことごとく途中で打ち切られて、恨み骨髄(笑)でしたが、現在のホラー隆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more