魔道士の魂5 ―魂の召喚― ☆☆☆

(魔道士の魂5 ―魂の召喚― / テリー・グッドカインド / ハヤカワ文庫FT 2005)

『真実の剣』の第5シリーズの第5巻(最終巻)です。アンデリスをめぐる政治的駆け引き、地下世界の魔物チャイムが解き放たれたことで生じた魔法の消滅、リチャードの子を身ごもったカーランなど、混迷した状況にそれなりの決着がつきます。

リチャードの率いるダーラ軍に味方するか、至高秩序団を受け入れるか、アンデリスの全住民による決選投票を控え、リチャードとカーランはアンデリスの果てから果てまで旅をして、各地の住民たちの説得に余念がありません。しかし、最初から至高秩序団に味方することを決めている文化長官ベルトラン、補佐官のダルトンは、二重三重の巧妙な作戦を企てていました。
アンデリス周辺では、チャイムの仕業と思われる奇怪で悲惨な死が頻発していましたが、ダルトンは、これらはすべてリチャードの邪悪な魔法がもたらしたものだとまことしやかに噂を流布させると共に、地下牢に幽閉していた反魔法を標榜する過激派ラジャクを解放して住民たちを扇動します。首都フェアフィールドに戻ってきたリチャードとカーランを迎えたのは、市民たちの冷ややかな視線――と言うよりも、あからさまな憎悪でした。二人は身を隠して、事態を打開する策を練ると共にチャイムの謎を解こうとします。一方、ダルトンは自分に好意を寄せる魔女(現在は力を失っています)から不思議な魔法書を入手しますが、窓から入り込んだワタリガラスに奪われてしまいます。そのワタリガラスは、リチャードとカーランの隠れ家に入り込み、チャイムの化身と考えた二人の攻撃を受け、フランカの魔法書を落として飛び去ります。その本は、ドミニ―・ダーチを創り出して設置した太古の魔道士ジョーゼフ・アンダーが残した備忘録でした。
ベルトランとダルトンは、思考秩序団の全権大使スタインと結託し、さらに陰謀を進めます。病気で弱っていた現皇帝に死をもたらし、ベルトランが次期皇帝の座に就くと共に、ダルトンも文化庁長官に就任します。しかし、ダルトンにとって誤算だったのは、フランカが魔女の烙印を押されてラジャクに虐殺されたばかりか、愛妻テレサが新皇帝ベルトランに心酔し、皇帝の疲れを癒すためという大義名分で肉体をベルトランに与えるようになったことでした。動揺したダルトンは、ベルトランの野心家の妻ヒルデマラの誘惑を受け入れてしまいます。
同じ頃、前巻で“魔道士の砦”から"真実の剣"を奪い取ったフィッチは、モルド・シスのカラに追われながらも、アンデリス国境までたどり着きます。そこでは、幼馴染のベアタがドミニ―・ダーチの守備隊長として任務に就いていましたが、スタインが派遣した至高秩序団の軍の攻撃を受け、経験の浅い少年少女しかいない守備隊(もともとダルトンがそのように編成したのです)は皆殺しにされ、ベアタの運命も窮まっていました。そこへフィッチが飛び込んできたわけですが、"真実の剣"は至高秩序団の士官に奪われてしまいます。カラの介入でかろうじて生き延びられたのは、ベアタともう一人の少女だけでした。
一方、カーランは夜のアンデリスの町で、ダルトンが"闇の信徒"のシスターの協力で編成したゾンビ兵士の集団に襲われます。魔法が通用しなかったため、デュ・シャイユの護衛兵士たちが駆け付けるまでに滅多打ちにされたカーランは、胎児を失い、命さえも奪われるところでした。瀕死のカーランをデュ・シャイユに委ねたリチャードは、断腸の思いでジョーゼフ・アンダーがチャイムを利用するために使ったと思われる、古語で"かまど"と呼ばれる山中の湖に赴きます。自分の魂を囮にして(図らずも、前巻で師匠のゼッドが実行したことと同じですね)チャイムを誘い出し、アンダーまでを地底世界から呼び出して、乾坤一擲の勝負に出ます。
フェアフィールドでは、ダルトンが、スタインや至高秩序団の悪辣さにようやく目を覚ましますが、リチャードの行動の結果、ドミニ―・ダーチは失われ、アンデリスが至高秩序団の餌食となるのは決定的でした。命を取り留めたカーランを連れてアンデリスを去ろうとするリチャードに、ダルトンはスタインを殺して奪った"真実の剣"を返します。チャイムが去ったことで魔法も復活し、自由を奪われていたゼッドやアン院長も解放され、リチャードは再会したカラと共に、カーランを療養させるため、故郷へ向かって旅立ちます(デュ・シャイユが無事に女の赤ん坊を生み落としたことも付け加えておきましょう)。

解説によれば、次シリーズ『魔教の黙示』は本シリーズと前後編の関係にあり、本シリーズで解明されなかった数々の伏線が回収されるとのことです。いずれ登場。

オススメ度:☆☆☆


魔道士の魂〈5〉魂の召喚―「真実の剣」シリーズ第5部 (ハヤカワ文庫FT) - テリー グッドカインド, Goodkind,Terry, 千織, 佐田
魔道士の魂〈5〉魂の召喚―「真実の剣」シリーズ第5部 (ハヤカワ文庫FT) - テリー グッドカインド, Goodkind,Terry, 千織, 佐田

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント