唾棄すべき男 ☆☆☆☆

(唾棄すべき男 / マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー / 角川文庫 1982) 『マルティン・ベック・シリーズ』の第7作です。 ストックホルム警察のニーマン主任警部は、持病(明記されていませんが、消化器系の腫瘍らしい)が悪化してマウント・サバス病院に入院していましたが、深夜、病室に侵入した何者かに惨殺されます。凶器は銃…
コメント:0

続きを読むread more