戦士ブラク対女錬金術師 ☆☆☆☆

(戦士ブラク対女錬金術師 / ジョン・ジェイクス / 創元推理文庫 1977) 「ブラク・シリーズ」の第2巻です。世界観や成立の経緯については、第1巻「戦死ブラク対謎の神殿」の記事をご覧ください。前巻が短篇集だったのに対し、今回は長篇です。ストーリーは独立していますが、前巻のエピソードと密接なつながりもあるため、やはり第1巻を先に…
コメント:0

続きを読むread more

女狩人は死んだ ☆☆☆

(女狩人は死んだ / ベン・ベンスン / 創元推理文庫 1976) ベンスンの作品は、これまで代表作「脱獄九時間目」を中学の時に読んだだけでした。凶悪な囚人たちが、隠れてトンネルを掘るなどという面倒な手段を取らず、看守を人質に取って正面突破を図り、警官隊との緊迫したやり取りが描かれた作品でした。作者ベンスンは、マサチューセッツ州警…
コメント:0

続きを読むread more