進め、見習い魔術師! ☆☆☆

(進め、見習い魔術師! / ロバート・アスプリン / ハヤカワ文庫FT 1999)

ユーモア・ファンタジー『マジカルランド』の第2巻です。
第1巻「お師匠さまは魔物!」で、異次元(並行世界の一つ)から召喚された魔物オゥズの弟子になる羽目に陥った、駆け出し魔術師スキーヴ。現在、ふたりは、前巻で対決して異次元へ追放した魔術師イッシュトヴァンが根城にしていた宿屋を住処として、次の行動を考えている状況でした。なにしろ、このクラー次元へ召喚されたはずみで、オゥズは一切の魔力を失ってしまい、封印を解くにはスキーヴを一流の魔術師に育て上げるしかありません。とはいえ、魔術師としてのスキーヴの腕の上達は遅々としたもので、当分はクラー次元で糊口をしのいでいくしかありませんでした。
前巻で魔狩人クィグリーからせしめたユニコーンのトガリキャップ(笑)、ディーヴァ次元の市場でスキーヴが購入してしまった子ドラゴンのギャオンが草原でじゃれ合うのを眺めていたスキーヴのもとに、「魔術師スキーヴに用がある」という軍人が訪ねてきます。彼は、ポッシルトゥム王国の使者と名乗り、スキーヴを宮廷魔術師として採用する用意があると告げるのでした。
宮廷魔術師とはどうあるべきか(魔術師としての実力よりも、ハッタリを利かせたり有力者と上手に付き合ったりすること――つまり政治力が大事)、オゥズに叩き込まれたスキーヴは、貫禄ある姿に化けてポッシルトゥムに向かいます。ところが、到着してみると、怖い蟹――じゃなくて、こはいかに――、大勢の宮廷魔術師応募者が、城門前に列を作っている有様。つまり、スキーヴは特に選ばれてスカウトされたわけではなく、無数の候補者のひとりに過ぎなかったということです。
しかし、オゥズの入れ知恵で馬をドラゴンに変身させて見せたり(実はギャオンの変装を解いただけ)、従者のオゥズを恐ろしい魔物に変身させたり(実は――以下同文)してハッタリを利かせ、宮廷魔術師推進派の宰相グリンブルに取り入って、見事にポッシルトゥムの宮廷魔術師として採用されることに成功します。これで宮廷で安穏と暮らせると思ったのも束の間、国王ロドリック五世より下された命令は、北方より迫りくる侵略軍をなんとしても食い止めろというものでした。とにかく敵はおそろしい大軍で、進路上の国々をすべて平らげつつ、ゆっくりと進んでくると言います。グリンブルのライバルで魔術師反対派の軍司令官バダックス将軍は、ひとりの兵士も護衛に出す気はなく、スキーヴとオゥズは二人だけで、偵察に赴くことになります。
国境についてみると、北方には地平線まで続く兵士の大群が広がり、とても食い止められそうにありません。そこに現れたのが、前巻でも活躍したセクシーダイナマイトの暗殺者タンダですが、どうやらグランブルにスキーヴを推薦したのはタンダだった模様です。ともかく、次元跳躍能力のあるタンダがいれば、ディーヴァの市場へ出かけて手練れの傭兵部隊を雇い、守備隊を組織することもできようというものです。早速3人はディーヴァへ赴き、オゥズが傭兵と交渉に出かけている間、食事でもしようとハンバーガーショップに入ったスキーヴは、インプの殺し屋ブロックハースト(失業中)と再会し、事情を話しているうちに、彼を雇う羽目になってしまいます。おまけに話を聞きつけたガーゴイルのガスと相棒のサラマンダー、老人ながら最高の弓使いアヤックス、なぜかアヤックスを追い掛け回している神出鬼没の小人グレムリンなども、同行することに話が決まってしまいます。一方、オゥズと傭兵との交渉は不調に終わり、結局はスキーヴが集めた少数(これは確か)精鋭(と言えるかどうかは不明)のメンバーで、クラー次元へ戻るしかありません。ちなみに、アヤックスとタンダ、ガスとオゥズは昔馴染みでした。
まずは交渉で戦いを回避しようというオゥズのまっとうなアドバイスに従い、スキーヴは一番弱そうな(笑)補給部隊の担当士官クロードと会談に臨みますが、あっさりと決裂、翌朝をもってクロードの部隊と正面切って戦うことになります。ところがここでスキーヴは、フール中尉が次元を超えて憑依したかのような指揮ぶりを見せ(笑)、見事に勝利を収めます。
スキーヴが指揮するポッシルトゥム守備隊は意外に手ごわいと見て取った侵略軍は、アントニオ師団長自らが指揮を執り、魔術には魔術で対抗してきます。これもギャオンの意外な介入で退け、ついには敵の総司令官ジュリーが直談判に乗り込んできます。こうして頂上会談に臨んだスキーヴとオゥズは、戦いを避けられる唯一の提案を行います。

オススメ度:☆☆☆




進め、見習い魔術師!―マジカルランド (ハヤカワ文庫FT)
早川書房
ロバート アスプリン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック