イクシーの書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇怪動物百科 ☆☆☆

<<   作成日時 : 2017/12/31 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(奇怪動物百科 / ジョン・アシュトン / ハヤカワ文庫NF 2005)

タイトルだけ見ると、「へんないきもの」のような、実在する奇妙奇天烈な生き物を紹介した本か、ネッシーやらモケーレ・ンベンベやら、いわゆる現代のUMAを紹介した本のように思えますが、そうではありません(やや後者とは被りますが)。ボルヘスの「幻獣辞典」と同じく、古代ギリシャから中世ヨーロッパにわたって、西洋文明の及ばない世界の果てに実在すると信じられ、様々な図版と共にまことしやかに紹介・説明されてきた奇妙な生き物を、様々な古典から引用・紹介したものです。著者アシュトンは1834年の英国生まれ、各国語に通じた文献収集家で、様々なテーマに関して本書のような著作を出しているようです(荒俣宏さんのような人?)。彼が原典としている書物は、アリストテレスの「動物誌」、プリニウスの「博物誌」、ゲスナーの「動物誌」、アルドロバンディの「怪物誌」、トプセルの「爬行動物誌」(面白そう!)、マンデヴィル卿の「旅行記」、マルコ・ポーロの「東方見聞録」など、紀元前から16世紀まで多岐にわたっているようです。
内容を一つ一つ紹介するのは無理ですので、章題だけを記しておきましょう。聞いたこともないような生き物がいるかと思えば、実在する生き物もかなりいますが、描かれた生態は事実とは程遠い奇怪なものです(^^; タイトルから、どんな中身か想像してみるのも一興かもしれません。

人間/アマゾン/小人族/巨人族/初期の人間/野人/毛深い人間/オランウータン/サテュロス/スフィンクス/サル/動物の奇癖/マンティコラ/ラミア/ケンタウロス/ゴルゴン/一角獣/サイ/クズリ/熊/狐/狼/狼人間/羚羊/馬/ものまね犬/猫/ライオン/レフォントヌス、ペガサス、クロコッタ/レウクロコタ、イエイル、後ろへ進む牛/動物の治療法/スウ/植物ヒツジ/キマイラ/ハーピーとサイレン/フジツボ・ガン/不思議な卵/月の女/グリフォン/フェニックス/ツバメ/イワツバメと足のない鳥/ヤマシギ/ハクチョウ/アレ、アレ/ヤツガシラとタゲリ/ダチョウ/カワセミ/ペリカン/ナイルチドリ/羊毛めんどり/二つ頭のガン/四足アヒル/人魚/鯨/“海の修道士”と“海の司教”/海牛/海馬/海鼠/海兎/海豚/セイウチ/メカジキ/ノコギリエイ/オルカ/イルカ/イッカク/スワムフィスタ/サハブ/キルコス/コバンイタダキ/サメ/海のドラゴン/アカエイ/魚の感覚器官/クラゲ/海綿/クラーケン/エビとカニ/海蛇/蛇/ボア/ヒュドラ/ワームとドラゴン/ワニ/バジリスクとコッカトリス/サラマンダー/ヒキガエル/ヒル/サソリ/アリ/ミツバチ/スズメバチ

オススメ度:☆☆☆




奇怪動物百科 (ハヤカワ文庫 NF (299))
早川書房
ジョン・アシュトン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 奇怪動物百科 (ハヤカワ文庫 NF (299)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奇怪動物百科 ☆☆☆ イクシーの書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる