イクシーの書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS テラニア ☆☆☆

<<   作成日時 : 2017/09/26 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(テラニア / クリスチャン・モンティロン / ハヤカワ文庫SF 2017)

『ローダンNEO』シリーズの第2巻です。本家の第2話「第三勢力」にリンクしています。――ところで、表紙イラストのアニメ顔の若い美女って、やっぱりトーラ?(^^; いえ、本家の依光隆さんの大人っぽいイラストとのギャップが大きすぎるんですが、まあパラレルワールドですから(こっちのトーラのほうが好みだったり(^^;)。

白血病に冒されたアルコン人クレストを連れて、ゴビ砂漠に降り立った“スターダスト”とローダンをはじめとする4人のクルーは、追い詰められていました。クルーのひとり、恋人ベスがヒマラヤで行方不明になっているフリッパーは、ローダンの行動についていけず、精神崩壊の瀬戸際にあります(やっぱり、世界が変わっても、こういう役柄は変わらないのでしょうか)。“スターダスト”を包囲した中国軍は、ミサイルや砲爆撃など、核兵器以外のあらゆる手段で猛攻撃をかけてきますが、ドーム状のアルコンの防御シールドは、そのすべてを無効化しています。
事態を打開するため、中国政府は中国軍きっての戦略家バイ・ジュン将軍を総司令官として赴任させます。武力による攻撃の愚を悟ったバイ・ジュンは、シールドを挟んでローダンと対話し、心理的攻撃によって屈服させようと試みます。ローダンも相手が手強いことを察知し、ギリギリのところで言質を与えないよう上手に立ち回り、最新式の医療診断装置を差入れさせることに成功します。
一方、ローダンが地球に戻る前から、月でエイリアンが発見されたという噂がネットを飛び交い、陰謀論者やUFO信者、まじめな地球外生物研究者などが、拘束され取り調べを受けるなど、国家安全保障局が暗躍しています。拘束から脱した安全保障局エージェントのアラン・D・マーカントは、新たな顔と身分を手に入れてローダンのもとに向かおうと、ヒッチハイクでニューオーリンズを目指そうとしていました。マーカントは“ワンダーブラ”の異名を持つ女性ドライバー、イガが運転する超大型トラックに拾われますが、マーカントの正体を怪しんだイガに拳銃を向けられ、知る限りの真相を語ることになります。その後、ゴビに着陸したローダンが全世界に向けたメッセージによって、マーカントの話は裏付けられました。さらにローダンは、全人類の団結を訴えます。
膠着状態を打破すべく、ローダンはクレストを説得してトーラをアルコンの球形搭載艇で呼び出すことに成功します。先制攻撃をかけてきた中国軍を圧倒的な火力で制圧したトーラに、ローダンはある提案をするのでした。
イガと別れたマーカントは、中国へ渡ろうと空港へ赴きますが、何者かに撃たれ、捕らえられてしまいます。目覚めた彼を迎えたのは、ジェネラル・コスミック・カンパニーの総帥を名乗るホーマー・G・アダムズでした。アダムズは、自分もマーカントと同じくローダンの思想に共鳴するものだと説明し、自分たちと同じ超能力を持つミュータントを集める仕事への協力を要請します。最初の仕事は、ジョン・マーシャルの行方を突き止めることでした……。

オススメ度:☆☆☆




テラニア ローダンNEO (ハヤカワ文庫SF)
早川書房
2017-08-24
クリスチャン モンティロン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テラニア ローダンNEO (ハヤカワ文庫SF) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テラニア ☆☆☆ イクシーの書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる