イクシーの書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS みるなの木 ☆☆☆

<<   作成日時 : 2017/07/12 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

(みるなの木 / 椎名 誠 / ハヤカワ文庫JA 2000)

「あやしい世界」が好きな作者の椎名さんですが、これまでもあまり縁がなく、SF大賞受賞の「アド・バード」や、マニアックな「蚊學の書」などを十数年前にかじっただけでした。
この作品集「みるなの木」は、タイトル作品をはじめ、ABC兵器を駆使した世界戦争後、生態系が狂ってしまった異様な世界(地球かどうかはわかりません)を舞台にした異形の作品と、現代の世界(たぶん(^^;)にふと入り込む、異常なもの、異質なものが引き起こす恐怖やブラックなユーモア、ペーソスを描いた作品が、14篇収められています。基本的に、ぬるぬるどろどろねちょねちょべちゃべちゃな描写が多めで、異様な食べ物が扱われることも多く(必ずしも食べ物がテーマというわけではなく、脇役・彩り的な扱いなのですが)、田中啓文さんの「異形家の食卓」にテイストが似ています。

「みるなの木」:殺人犯の相原を追って、語り手は相棒の百舌と一緒に、異形の生き物たちが蠢く山へ入り込みます。抜け駆けした百舌を追っていくと、百舌や相原をはじめ、幾人もの人間が異様な蔓草に捕まっている現場に行き着きます。

「赤腹のむし」:「みるなの木」の事件から2年後、百舌と再会した語り手は、危険ですが美味だという「赤腹のむし」を大量に採取します。その後訪れた集落で、自分を追う役人がいるのに気づいた百舌は、「赤腹のむし」を使って役人を返り討ちにします。

「南天爆裂サーカス団」:最終日を迎える南天サーカス団の出し物を見ようと、語り手と相棒の文五は、美味しいデンゲ玉を賄賂代わりにして、どうにかテントに入り込みますが――。

「管水母」:天牛海岸にある藻屑館へ行くには、断崖絶壁の道を命がけで辿らねばなりませんが、行き着いた先には、名物の管水母の踊り食いという至福が待っているのでした。

「針女」:中国(?)の花街で接待を受けた松田は、料理屋で目にとめた女をホテルに呼び出してもらいます。現れた女は、身にまとった薄絹を一枚一枚脱いでいきますが、その動作は延々と続きます。

「幽霊」:妻子と老母がいる自宅へ帰った平凡なサラリーマンの語り手は、見知らぬ男が居間にいるのに気づきますが、母の客だと思って普通に対応します。ところが、相手は幽霊でした。語り手が驚いたり恐れたり、幽霊を見た際の反応をしなかったせいで、その幽霊は霊界に帰れなくなってしまいます。

「突進」:株式会社玉ノ輿の入社試験は、指定された方向に向かって、ただひたすらに直進するというものでした。川も壁も他人の住宅も、警察署だろうが火葬場だろうが、すべて突破して進んでいかなければなりません。

「巣」:住んでいた公園から立ち退きをくらいそうになったホームレスの3人組は、公衆トイレの裏にトンネルを掘って、見つからないようにカムフラージュし、地下生活を始めます。やがて、住人が増え始め、トンネルも次第に拡張されて、地下住居は公園の外側まで広がっていきます。

「聞き書き、巷の達人」:世間には、地味な超能力(笑)の持ち主が、何人も人知れず存在しているようです。

「漂着者」:乗っていた船が難破した語り手は、無人島に漂着しますが、この島はどこか奇妙な場所でした。食料や真水がほしいと真剣に祈ると、島が願いをかなえてくれるのです。ついに語り手は、相棒や助けの船まで出してくれるようにと、願いをかけますが――。

「出歯出羽虫」:起きるたびに、古いアパートの床に小さな粒粒が無数にあることに気付いた語り手は、紙類を食べることを好む出歯出羽虫のしわざだと突き止めます。出歯出羽虫の餌となる紙類をすべて部屋から出してしまいますが、この虫は変異種のようで、他のもの――例えば人間の皮下脂肪――も餌にし始めます。

「対岸の繁栄」:何かが狂った世界で、何の変哲もない日常を営むには、涙ぐましい努力が必要です。

「海月狩り」:仕事を探して比丘尼自治区に赴いた灰汁十三は、幸運にも(?)大草原に巣食う巨大なクラゲを捕る草連船に乗り組むことになりますが、それは命がけの仕事でした。

「餛飩商売」:灰汁十三は、商店街のアーケードの残骸の上という格好の場所で、餛飩という饅頭のような食い物を売り始めます。ただし、相手によっては取引は命がけのものとなる、そんな世の中でした。

オススメ度:☆☆☆




みるなの木 (ハヤカワ文庫JA)
早川書房
椎名 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みるなの木 (ハヤカワ文庫JA) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みるなの木 ☆☆☆ イクシーの書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる