イクシーの書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS 闇に潜む眼 ☆☆☆

<<   作成日時 : 2017/07/02 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(闇に潜む眼 / ヘザー・グレアム / 二見文庫 2000)

いわゆる「ロマンティック・サスペンス」の王道を行く作品です。
そもそも、なぜ守備範囲外の(笑)ジャンルを手に取ったのかと言えば、さるホラー小説のガイドブックで「サイコホラーのお勧め作品」として紹介されていたからです。ところが、サイコホラーという名称が指す対象は実に幅広く、超能力などのスーパーナチュラルな要素を含んだ狭義の“サイコホラー”から、単に精神のタガが外れたシリアルキラーや快楽殺人犯が事件を引き起こす“サイコスリラー”や“サイコミステリー”まで、含まれています。読むのは前者がほとんどなのですが(後者は数が多すぎるため、「サイコ」シリーズや「羊たちの沈黙」など、著名なものしか手を出さないでいます(^^;)、本作は完全に後者でした。

フロリダでスポーツジムを共同経営(理学療法士で、インストラクターも兼務)しているサマンサは、隣接する一軒家を改装して引っ越してきた女性弁護士マーニーが姿を見せないことが気になっていました。週末に電話で話した時、改装した家を見せたいと張り切っていたのに、月曜日になっても連絡ひとつよこしません。男出入りが激しいマーニーですから、新たに見つけた恋人と出かけたのだろうと思っていたサマンサ以外の友人や弁護士事務所の同僚たちも心配し始めました。先頭に立ってマーニーの行方を探そうとするサマンサですが、マーニーの家の反対隣りに引っ越してきたのが、元ロックスターのローワンだと知り、愕然とします。実はサマンサは、かつて妻帯者のローワンと不倫関係にあり、破局を迎えた過去があったのです。当時ローワンと妻の中は冷え切っており、妻が行方不明になったときはローワンが殺害して死体を隠したのではないかと疑った警察がローワンを拘引したほどでした(その後、薬物に溺れた状態で発見された妻は、間もなく亡くなっています)。
思わぬ再会にぎこちなく接する二人ですが、サマンサがジムで運動させている発達障害児グレゴリー(実は音楽に天才的な才能を持つサヴァン症候群の患者でした)の存在がきっかけとなり、わだかまりは徐々に解けていきます。また、グレゴリーがマーニーの寝室で見つけた些細な異変によって、マーニーが何者かに襲われ、拉致されたらしいことが判明します。
サマンサは、年上の従姉妹ローラの元夫で殺人課のテディに協力を求め、警察もマーニー捜索に動き始めます。実は、それまでにも数名の若い女性が行方不明になっていたのでした。そして、マーニーの男性関係が次々に明るみに出てきます。成長期にアル中の父親から虐待を受けたため、攻撃的で男勝りの性格になったマーニーは、周囲の男性を次々と征服し、勤務先の幹部デイリー、同僚のケヴィン、サマンサのジムの共同経営者ジョー、自分の家を改築した業者フィルなどと関係を持っていました(さらに、サマンサと再会する前のローワンとも)。
独自の聞き込みを続けるサマンサは、マーニーのアシスタントをしていたロレッタから、とあるストリップ・クラブに関する情報を得ます。このクラブは、連続殺人の容疑者でマーニーが弁護を担当しているチャップマンが経営しており、マーニーも過去に踊子をしたことがあり、現在は経営に関わっているといいます。そして、ロレッタや、ローラの娘レイシーも、手っ取り早く稼ぐために現役の踊子でした。そればかりか、エヴァとコールという二人の踊子が行方不明になっているというのです。ローラやテディを誘って偵察に出かけたサマンサは、トラブルに巻き込まれ、後からやってきたローワンに救われます。このことでサマンサとローワンの関係は急速に近いものとなり、やがて必然的に結ばれることになります。しかし、サマンサには、謎の男からの不気味な電話がかかり、鋭い視線が感じられるようになっていきます。
息抜きに沼沢地に釣りに出かけたテディ、ローワン、サマンサですが、泥の中に沈められていた女性の遺体の一部を釣り上げてしまいます。さらにダイバーが潜った結果、複数の女性の遺体(ワニに食い荒らされていました)の部分が発見され、ローワンは、その腕に付けられていたブレスレットに見覚えがあることに気付きます。マーニーの弟で画家のセイヤーが描いた裸婦が付けていたものと同じで、そのモデルは行方不明になっているコールでした。
一方、元ロックスターであるローワンの身辺には、スキャンダルのにおいを嗅ぎつけたレポーターのベスが出没していました。特ダネを取るためにはハニートラップも辞さないベスは、ローワンに追い払われた直後、マーニーの庭で鈍器で殴打され、意識を失っているところを発見されます。当然ながら、警察はローワンに疑惑の目を向けます。
サマンサに対する犯人の執着は激化し、ついに野外コンサートのさなか、サマンサに魔手が伸びます。それに気付いたグレゴリー、ローワンは犯人を追いますが――。

オススメ度:☆☆☆




闇に潜む眼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
二見書房
ヘザー グレアム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闇に潜む眼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
闇に潜む眼 ☆☆☆ イクシーの書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる