イクシーの書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂の鎧 ☆☆

<<   作成日時 : 2017/06/10 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(砂の鎧 / カトリーヌ・アルレー / 創元推理文庫 1979)

アルレー中期の長篇。珍しく、ヨーロッパではなくアメリカ西海岸を舞台にしていますが、解説によれば、実際にアメリカ西海岸を旅行した直後に書かれたものだそうです。

ヴェトナム戦争帰りの青年、ジョーとグレッグは札付きのならず者でした。ヴェトナムで現地人相手に強姦と略奪を好き放題にしてきた二人は、このロサンゼルスでも行動はあまり変わらず、まだ多少なりとも考える頭があるグレッグはともかく、本能と衝動でしか行動できないジョーは手がつけられない状態です。
情婦のサンドラから、小金を貯めこんだイタリア人がおり、その家にはアジア人の娘も居候していることを聞きつけたグレッグとジョーは、金と娘の両方をいただこうと、イタリア人のアパートを襲います。しかし金は見つからず、留守番をしていたカンボジア人の娘を強姦したジョーは、抵抗されたためナイフでめった刺しして殺してしまいます。その様子を目撃していたのは、同じアパートに住む12歳の少年アランでした。
黙っているようアランを殴り、脅しつけて逃げ出した二人ですが、アランがシングルマザーのメイと二人暮らしだということを知ると、信用金庫に勤めるメイを誘拐して脅し、ついでに信用金庫から金も手に入れようと、虫のいいことを考え、実行に移します。アランを誘拐したという嘘のメモを使ってメイを連れ出した二人は(脅されたメイは銀行から1万ドルの現金を持ち出しています)、アジトにメイを連れ込み、まずはジョーがメイを犯します。しかし、隙を見たメイはジョーのナイフを手にしてジョーの心臓を一突きにして殺してしまいます。グレッグとメイは、互いを殺そうとつかみ合いますが、なぜか途中から互いの肉体をむさぼり合い、ついにはお互いに自分の運命の相手に出会ったと感じ、深い恋に落ちてしまいます。
アパートからアランを連れ出したメイは、グレッグと3人で新たな暮らしを始めようと、グレッグの運転する車でロサンゼルスを脱出します。しかし、精神を病んでいて意思疎通ができないアランは、グレッグが自分を殴った殺人犯だということを覚えており、何度も逃げ出そうとします。トランクに積んでいたジョーの遺体を捨て、旅を続ける3人は、途中のマクドナルドで食事にありつきますが、アランが姿を消してしまいます。必死に探すメイは、ガソリンスタンドの店員の証言から、アランが暗がりでグレッグの車と同型の車に間違って乗り込み、運転手は後部座席のアランに気付かず出発してしまったらしいことを知ります。
グレッグは半狂乱になるメイを説得し、自分で警察に届けたのではロスでの犯行と結び付けられてしまうので、メイの姉トレイシーを頼るよう言い聞かせます。メイは作り話をでっちあげ、代わりにアランの捜索願を警察に出してくれるようトレイシーに電話します。常にメイの理解者だったトレイシーは、一応は納得しますが、夫のロッドの意見で、知り合いの地元の警察署長マコーミックに個人的に相談することにします。
アランが見つかったという知らせに喜んでトレイシーの家にやってきたメイとグレッグですが、そこには警官隊が潜んでいました……。

相変わらず、サスペンスの盛り上げは十分なのですが、途中からグレッグが完全に善人になってしまうのが、どうにも無理があるのと(恋の影響とは、そういうものなのでしょうか(^^;)、意思疎通できないアランの内面を途中で思わせぶりに描きながら、それが後々まったく生きてこないという点で、不満が残ります。

オススメ度:☆☆




砂の鎧 (創元推理文庫 140-13)
東京創元社
カトリーヌ・アルレー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 砂の鎧 (創元推理文庫 140-13) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
砂の鎧 ☆☆ イクシーの書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる