イクシーの書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀河乞食軍団17 ―クロパン大王、出撃!― ☆☆☆

<<   作成日時 : 2017/05/06 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(銀河乞食軍団17 ―クロパン大王、出撃!― / 野田 昌宏 / ハヤカワ文庫JA 1995)

『銀河乞食軍団』の第17巻で、第2部の完結編です。そして、ついに第3部は書かれませんでしたから、外伝4冊を含め、本シリーズは、これで打ち止めということになります。

前巻のラスト、次元断層に突っ込んで未知の惑星(実は惑星・玄妙)に到着した番頭さンこと貞吉と“星通堂”のニューハーフ風(笑)若旦那、清十郎の二人は、怪しげな男たちに捕まりそうになりますが、なんとか脱出して山に逃げ込みました。そこへ、椋十、五郎八、牛島老人が飛燕で救出に駆けつけます。男たちのアジトを偵察に行った五郎八と椋十は、やはり捕えられていた星系軍の鼬中佐を発見し、男たちが社のようなものを大切に崇め奉っていることを知ります。鼬中佐の情報で、付近に隠れていたミキという若い娘も助け出した一行は、なんとかして星涯星系と連絡をとろうと試みますが……。
一方、星涯星系では、特殊魚類研究所の山本部長と鳥類保護協会の鵜川育子が協力して、魚や鳥と次元重複してしまった(もちろん、宇宙妖魚や鳴子インコのことです)マクナーラ宇宙船の乗員を助けようとしていました。第15巻のラストと同様、宇宙船の高次元駆動開始のタイミングに合わせて、特定の場所でハンドバッグを開ける必要があります。今回は、ブチ猫の計算によって、星涯湾の孤島・貝殻島が焦点となっていました。今回はメロスがいないため、乞食軍団の“クロパン大王”が軌道上で高次元エンジンを操作することになっています。しかし、軍団の動きは星系軍に察知されており、貝殻島にいた山本部長やお七、又八らは、星系軍部隊に包囲されてしまいます。
進退窮まった乞食軍団の前に突然出現したのは、星系軍特殊部隊の鼬中佐でした。ハンドバッグを開けた瞬間に惑星・玄妙に出現した次元トンネルを通って、飛燕で帰還した鼬中佐は、ハッタリで星系軍を追い返し、乞食軍団を救うと、すぐに玄妙へ取って返し(星涯に残っていたら、脱走兵として軍に逮捕されてしまうからです)、残っていた椋十、五郎八、ミキらとコンタクトを取ります。実は、“クロパン大王”が高次元空間に進入したまま消息を絶ち、ハンドバッグも星系軍の手にわたってしまったのでした。鼬中佐は、“クロパン大王”を呼び戻すとともに、星涯星系に出現した氷塊を元の場所――惑星・玄妙の法師海へ戻そうとしていました。

オススメ度:☆☆☆




銀河乞食軍団〈17〉クロパン大王、出撃! (ハヤカワ文庫JA)
早川書房
野田 昌宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 銀河乞食軍団〈17〉クロパン大王、出撃! (ハヤカワ文庫JA) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銀河乞食軍団17 ―クロパン大王、出撃!― ☆☆☆ イクシーの書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる