イクシーの書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS 獅子のめざめ ☆☆☆

<<   作成日時 : 2017/05/14 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(獅子のめざめ / マーガレット・ワイス / 富士見書房 1995)

スペースオペラ『ディオン・スターファイア』の第3巻です。舞台設定や時代背景につきましては、第1巻「反逆の天使」の記事をご覧ください。

総帥デレクが率いる艦隊とコレイシア人の侵略艦隊との激戦のさなか、いったんはコレイシア人の捕虜となったディオンですが、デレクとメイグレイという元・守護者コンビの活躍で脱出に成功し、戦闘機でディクスター将軍が乗り組むディファイアント号へ向かいます。コレイシア人との戦闘ではデレク総帥軍と共同戦線を張ったディクスター将軍の率いる傭兵たちですが、対コレイシア戦が終結に向かう今、デレクはディファイアント号の戦闘指揮官ウィリアムズ大尉に傭兵を皆殺しにするよう指令していたのです。
ディファイアント号では、ディクスター将軍以下、タスクやノラといった、ディオンと行動を共にしていた兵士たちが、いくつかのデッキに籠城し、デレク軍相手に絶望的な戦いを続けていました。ディオンは傭兵軍側のデッキに進入すると、脱出路を開くべく奮闘を続けます。そこに現われたのは、巧妙な手を使ってデレクの旗艦フェニックス号を脱出してきたメイグレイでした。
一方、銀河連邦のロブス大統領と通信したデレクは、大統領の背後で糸を引く黒幕の存在に気付いていましたが、ついに黒幕が正体を現します――守護者たちの手で絶滅させられたはずの秘密教団、“暗黒の稲妻(ダーク・ライトニング)教団”の生き残り、暗黒の傀儡師ことアブデルです。アブデルは、ロブス大統領を手の内に収めると、さらなる陰謀に着手するのでした。
また、デレクは銀河一の武器商人と言われるアドニア星人スナガ・オーメに恐るべき新型爆弾の開発を依頼していました。しかし、デレクが支払いを延ばしているせいで、オーメはへそを曲げ(笑)、高値をつけた客に売り渡すと宣言するのでした。それを知ったメイグレイは、ディオンをタスクに託し、単身オーメがいる惑星ラスカルへ向かいます。そして、メイグレイからのメッセージを受け取ったディオンは、タスクやノラと共に、彼女を救うためラスカルへ赴きますが、そのメッセージは偽物で、傀儡師アブデルがディオンを陥れるために発したものでした。
ラスカルに到着したメイグレイは、デレク総帥の特使ペンテシレイア少佐と名乗ってラスカル駐在の共和国軍司令ハウプトの協力を取り付けると、警戒厳重なオーメの邸へ乗り込みます。そして、貴重なスタージュエルと引き換えに爆弾を入手すると、帰途につきますが、行く手にはオーメとアブデルがそれぞれ仕掛けた罠が待ち受けていました。追い詰められたメイグレイですが、デレクが派遣した特殊工作員スパラファシルの介入で救われます。デレクに召喚されたメイグレイですが、彼女は既に自分にしか取り出せない場所に爆弾を隠していました。
一方、メイグレイを追ってラスカルに到着したディオンらは、アブデルの手中に落ち、新たな試練に向き合うこととなります。

第4巻「王者の条件」に続きます。そのうち登場。

オススメ度:☆☆☆






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
獅子のめざめ ☆☆☆ イクシーの書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる