イクシーの書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS カリスト ―開戦前夜― ☆☆☆☆

<<   作成日時 : 2017/03/04 16:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(カリスト ―開戦前夜― / 谷 甲州 / ハヤカワ文庫JA 1995)

『航空宇宙軍史』の中で、時系列的には最も早い時代を扱った長篇です。外惑星動乱が勃発する直前の時代、木星の衛星カリストを舞台に、外惑星連合の視点から、外惑星が動乱に突入せざるを得なかった事情が描かれています。

時は21世紀末――。木星の衛星カリストとガニメデ、土星の衛星タイタンを中心とする外惑星国家群は、地球−月連合を中心とする内惑星国家から独立すべく、各政府の軍事最高司令官が参加する「統合作戦会議」という名称で、ひそかに軍事同盟を結んでいました。統合作戦会議の下部組織として、各国家で非公式の幕僚会議が開かれ、外惑星国家群が内惑星系と戦端を開いた場合を想定したシミュレーションが行われています。中でも主導権を握っているのは、スヴィエク国家主席が主導するカリスト政府で、ガニメデ、タイタン、木星トロヤ群のほか、ユウロパ、イオ、小惑星帯外縁部、天王星系などの弱小国家群にもにらみを利かせ、幕僚会議を通じて具体的な作戦計画を熟考しています。
しかし、そんな外惑星連合の動きは、航空宇宙軍にも察知されているようでした。カリストのアルテミス宙港の警備を任されたダンテ大尉が逮捕した密輸犯は、航空宇宙軍のスパイでした。慎重派の戦略情報部長エリクセン准将は、幕僚会議議長ダグラス将軍に状況を報告し、航空宇宙軍を挑発するような行動は控えるべきだと進言しますが、強硬派のミッチナー将軍にはあからさまに反対され、中間派の山下准将、やはり慎重派の艦政本部長カリム准将は態度を保留、ダグラス将軍には黙殺される結果となってしまいます。しかも、ミッチナー将軍が主導する仮装巡洋艦の増強計画にはゴーサインが出、山下准将に対しては陸戦隊の創設が下命されます。カリスト軍(強硬派)は、航空宇宙軍と本気で一戦交え、本気で勝つつもりでいるようでした。
情報部のアチェベ中佐は、コンピュータ処理の達人ロドリゲス軍曹に命じて、宙港で捕まったスパイが破壊したデータディスクを復元し、内容がカリスト防衛軍の軍事機密情報だったことを突き止めます。その事実が暗示するのは、軍の上層部の人物(暗合名“烏”)が情報をリークしたということでした。エリクセン准将は、信頼できる山下准将だけに打ち明け、第一の容疑者としてカリム准将を名指ししますが、決定的証拠はありません。一方、山下准将も、初めての試みである陸戦隊の創設に苦慮しており、有能なダンテ大尉を陸戦隊長に任命して少佐に昇進させると、「タナトス戦闘団」と名付けた陸戦隊の編成に当たらせます。そんな折も折、航空宇宙軍から、外惑星諸国家の宙港施設や宇宙船を査察するという予告が届きます。しかも、査察を実施するフリゲート艦スコーピオンは、すでに木星宙域に迫っていました。
査察されれば、外惑星が非合法に戦闘準備を整えていることが露見してしまいます。スヴィエク国家主席は地球−月連合政府に対し、もし査察を強行するのであれば、外惑星からの重水素の輸出を削減すると通告します。エネルギー源を外惑星からの重水素に頼っている内惑星や航空宇宙軍にすれば、重水素の供給を断ち切られることは脅威で、内惑星経済の混乱を招くことは明らかでしたが、この策は外惑星連合にとっても諸刃の剣で、逆に内惑星からの重金属の供給が経たれれば、国家存続の危機に陥りかねません。エリクセン准将は、この危険なチキン・レースを事前に阻止しようとしたのですが、ダグラス将軍とスヴィエク主席は実行してしまいます。
タナトス戦闘団を率いるダンテ少佐は、アルテミス宙港での逮捕劇で知り合った第一艦隊のブライアント大尉(通称ランス)を副官に、カリスト地表で猛訓練を実施していました。ロドリゲス軍曹も配属されていましたが、自分が行ったデータの復元に不満を持っていた軍曹は、配属後もひそかに作業を続けており、ついに“烏”の正体を突き止めます。一方、エリクセン准将は、強硬派の暴走を止めるにはクーデターもやむなしと考え、自ら創設した統合憲兵隊と隊長ズ・ヒェン少佐に命じて、ひそかに政府転覆計画を練っていました。新政権の首班にはギンズバーグ財務部長を据え、航空宇宙軍との交渉によって外惑星連合を存続させ、近い将来の完全独立を目指そうとしていたのです。タイミングを計り、クーデターは実行に移されます。訓練中の陸戦隊を率いるダンテは、クーデター勢力への反撃を山下准将に進言しますが――。

オススメ度:☆☆☆☆




カリスト―開戦前夜 (ハヤカワ文庫JA―航空宇宙軍史 260)
早川書房
谷 甲州

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カリスト―開戦前夜 (ハヤカワ文庫JA―航空宇宙軍史 260) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリスト ―開戦前夜― ☆☆☆☆ イクシーの書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる