イクシーの書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS 反逆の天使 ☆☆☆

<<   作成日時 : 2012/12/26 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(反逆の天使 / マーガレット・ワイス / 富士見文庫 1994)

壮大なスペースオペラ『ディオン・スターファイア』シリーズの第1巻です。作者は、『ドラゴンランス』シリーズでおなじみのワイス&ヒックマンの片割れ、マーガレット・ワイス。珍しく、彼女が単独で書いています。しかも、ゲームが元ネタになっているわけではなく、作者ワイスのオリジナル。しかも、異世界ファンタジーが中心の富士見ドラゴンノベルズでは珍しいSF作品です。とはいえ、以前に『スターウォーズ』はSFか、という議論があって、「SFはSFだけれど、サイエンス・フィクションではなくスペース・ファンタジーだ(どっちも略せばSFですね(^^;)」という結論に妙に納得したことを考えれば、このシリーズは紛れもなくSFです。

はるかな遠未来――。銀河に散った人類は、長きにわたってスターファイア王家が統治してきました。特殊な血筋と絶対的な忠誠心を持つ精鋭が、守護者(ガーディアン)として王家を守り、まがりなりにも善政が続いています。ところが、ある晩、思いがけず革命が勃発し、王都ミナス・タレス(ここは中つ国ではありませんが(^^;)は革命軍の大軍に襲われます。多勢に無勢、守護者たちは次々に倒れ、王家の血脈も途絶えました。こうして、民主主義を標榜する政治学者ロブスが大統領に就任、形ばかりで実権を持たない議会を操り、議会制民主主義の名の下に独裁制を確立します。その銀河連邦共和国を強大な軍事力で支えるのが、総帥デレク・サガン――有力な守護者でしたが王家を裏切り、革命軍を率いた人物です。
革命から17年。今日、デレクはひとりの人物を拷問の末に殺し、今わの際に、ある情報を聞き出します。死んだ男はスタヴロス――革命を生き延び、逃亡していた守護者のひとりでした。そして、デレクは惑星シラク・セブンに向かいます。
そのころ、シラク・セブンでは、ドックで働く元傭兵の青年タスクのところへ、ある人物がやって来ます。元守護者のプラタス・モリアーナがタスクに頼んだのは、彼が育ててきた少年ディオンを他の惑星へ連れ出してくれというものでした。17歳のディオンは碧眼で金髪、歳に似合わぬ力強さを持った少年でした。タスクの父はプラタスの名優だったため(つまり、タスクは守護者の血を引いているわけです)、断るわけにはいきませんでした。中古宇宙艇で出発しようとしていたその時、デレク率いる銀河連邦軍艦隊が到着します。
プラタスの身を心配したディオンは、宇宙艇を抜け出して自宅へ向かいますが、窓から見えたのは、デレクとプラタスが命を懸けて斬り合う凄惨な光景でした。やがて、プラタスは自ら死を選び、ショックに半狂乱になりかけたディオンは、追ってきたタスクに助けられ、なんとか宇宙艇へ戻ります。しかし、このときには艦隊が宇宙港を完全封鎖していました。タスクは一か八かのハッタリを利かせたトリックで封鎖を突破し、ワープして行方をくらまします。デレクはすぐにタスクを帝国全体に指名手配します。
ディオンとタスクを逃したものの、デレクには収穫もありました。プラタスの死の瞬間、彼の妹のメイグレイ・モリアーナが宇宙のどこかで生きていることを察知したのです。それは、守護者だけが持つ特殊な思念の結びつきによるものでした。あの革命の夜、守護者メイグレイは城を脱出したものの、乗った飛行艇が撃墜された死んだものと思われていたのです。
メイグレイは、辺境の未開惑星オーハ・ロウで原住民(退化した植民者の子孫です)に囲まれてひっそりと暮らしていましたが、プラタスの死と、自分の存在がデレクに知られたことを察知します。一度は死を選ぼうとしたメイグレイですが、出現したプラタスの亡霊に諭され、毅然とした態度でデレクの出現を待つことにします。メイグレイを捕えたデレクは、捕虜ではなく貴族として遇しますが、大統領派の船長には解せないことでした。
一方、タスクは傭兵時代の上官ジョン・デクスターを頼って、内戦中の惑星ヴァンゲリスへ向かいます。デクスターはかつて王党派の将軍だった人物で、ディオンの顔を見て驚愕します。そして、革命の夜の出来事を語り始めるのでした。深手を負って倒れていたメイグレイを病院に担ぎ込んだこと、そして彼女の口から、その晩に生まれたばかりの王弟の赤ん坊(男の子)が守護者によって無事に連れ出されたと聞いたこと――。その赤ん坊は、スターファイア王家の血を引く(おそらくは金髪で碧眼の)人物なのでした。デレクがなんとしても捕えようとするのも当然でした。
そこへ、デレクとメイグレイが乗った宇宙船がヴァンゲリスへやって来ます。おのれの出自を知ったディオンは、ある行動に出るのですが――。

第2巻「王者の試練」に続きます。全6巻はすべて入手していますので、いつか(笑)登場。

オススメ度:☆☆☆








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
反逆の天使 ☆☆☆ イクシーの書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる